初めて友達にブログを教えた

私には信じられる友達が二人いる

1人は、私の元彼で、お互いの「ひまわり」

もう一人は、地元の友達で、私を一番理解してくれる

元彼にはブログの存在を知られるのは困るけど、

今回の件で、地元の友達とよくやりとりをするようになったから

此処の居場所を教えた。

最初から、全部、彼に聞いてもらってたら

こんなにならなくて済んだのかもしれない


彼女の不満は、私の下らない相談が嫌だったらしい
それで、どんなに意見策をいっても私が実行しないのに腹がたっていたらしい。

実際に実行はしたし、参考になったって私はいつも言ってたけど、
メッセの記録をすべて晒せば、それがどれだけ嘘かわかるのに

彼女は、彼女が一番かわいそうで、自分のことで手いっぱいだったんだ

もう、終わったことなんだ


信じて、信じて、信じて

悲しくて、誰かに聞いてもらいたくって、

でも、そうしていく内に、「本物」だけが残るから…


言い聞かせる

大丈夫

私は大丈夫

だから、来週の通院が最後になればいいな


今回いろいろあったから、「ひまわり」がよくメールをくれるようになったし、
時間を作って会ってくれる。

過去に戻ることはできないけど、彼もまた、私の大事な親友で
一生懸命、私を気にしてくれている


だから

私は大丈夫

タスケテくれる人が2人もいるから

さくらもいてくれるから

大丈夫

大丈夫

大丈夫なんだ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック